理想の二重まぶた

なりたい二重まぶたになる方法について

二重まぶたにする美容整形手術は、切開法と埋没法の2種類に大別することができます。昔からよく行われてきたのは、切開法による手術です。この方法であれば、まぶたの好きな位置に二重のラインを作ることができるため、欧米人のように幅の太い二重を作りたいという人には切開法をおすすめすることができます。一方、違和感のない自然な二重まぶたになりたいと希望している人の場合は、埋没法による手術の方が適しています。埋没法はまだ歴史の浅い二重まぶた形成術ですが、リーズナブルな料金で利用できるというメリットがあるため、ここ数年大人気になっています。埋没法の場合は、糸で留めて二重まぶたを作りますので、生まれつき二重まぶたであったかのような、自然な仕上がりにしてもらうことができます。

どこへ行けば二重まぶたにしてもらうことができるのか

二重まぶたにしてもらいたいと考えているのであれば、美容外科クリニックを受診する必要があります。メスを用いる切開法による手術を受ける場合はもちろんのこと、糸を用いる埋没法による手術を受ける場合であったとしても、麻酔を施してもらう必要があります。また、眼球のすぐそばの部分の手術を受けることになりますので、信頼できる医師を選んで治療を受ける必要があります。ただし、医療機関ではあっても、普通の整形外科や形成外科では二重まぶた形成術を受けることができません。診療科目に美容外科を標榜している形成外科の場合は大丈夫ですが、疾患やケガの治療しか取り扱っていないケースが多いので、事前に確認してみることをおすすめします。