レーザーでほくろ除去

レーザー治療でほくろはきれいに消えます

顔のほくろに悩んでいる人は、多くいます。ほくろはメラニン色素が集まることでできるので、紫外線を浴びてメラニン色素が作られれば作られるほど、大きくなったり増えたりします。また、メラニン色素が集まりすぎて、膨らんでしまうほくろもあります。つまり放置していると、ほくろは一層目立つようになっていくのです。 そのため美容外科や美容皮膚科では、レーザー治療によるほくろ除去をおこなっています。レーザーの熱で、その部分の皮膚をメラニン色素ごと蒸発させるという治療です。このほくろ除去により、大小のほくろはもちろん、高く盛り上がったほくろも、きれいに消えます。 美容外科や美容皮膚科でのほくろ除去には、健康保険は適用されません。したがって料金は、美容外科や美容皮膚科ごとに異なっています。1回あたり約1万円で、ほくろが大きくなるにつれて料金が高くなるという場合が多いです。

以前のほくろ除去との違い

以前は美容外科や美容皮膚科は、今ほど数がありませんでした。そのためほくろ除去は、一般外科や整形外科で受ける人が多くいました。これらは美容のための診療科ではないので、ほくろ除去は基本的には手術で皮膚ごと切除するという方法でおこなわれていました。そのため、ほくろは除去されるものの、顔に傷跡が残るというデメリットがありました。 しかし現在は、美容外科や美容皮膚科がかなり増えてきています。そのため多くの人が、上記のレーザー治療を受けるようになってきています。レーザー治療なら、目立つ傷跡を残すことなくほくろ除去をすることができます。数回に分けて少しずつレーザーを照射するという方法だと、わずかな傷跡も残らないという場合が多いです。